2010年08月18日

ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン.jpg

バイキングの血を引いていながらも非常になれない弱気な少年と怪我をして
飛べなくなったドラゴンの間に芽生えた友情と少年の成長を描いたドリーム
ワークス制作のファンタジーアドベンチャー映画。
監督は『リロ&スティッチ』のクリス・サンダース&ディーン・デュボア。

1年の半分以上を雪に閉ざされるバーク島。この島にはかなり前からバイキン
グの部族が村を造って住んでいた。作物が充分に収穫できないバーク島で
彼らにとって大事なのは家畜の羊であった。しかし、この羊を狙ってドラゴン
達がこの村を襲撃し、羊をさらっていくのであった。そのため、バイキングは
代々、ドラゴンを憎み、幼い頃から体を鍛え、ドラゴンを倒す術を身につけて
ドラゴンを倒すことで一人前として認められてきた。
そんなバイキング一族の族長・ストイックの息子・ヒックは族長の息子であり
ながらも非力で非常になりきれない優しい性格でバイキングとしては落ちこぼ
れだった。そんなある日、森の中で偶然、傷ついて飛べなくなったドラゴンを
見つける。ヒックはこのドラゴンを殺して一人前のバイキングとして認めて
もらおうとナイフを取り出すが、どうしても殺せない。
その後、ヒックは村の人間には内緒で“トゥース”と名付けたドラゴンに
エサを上げる。ヒック飛べなくなったトゥースのために手製の尾翼を作り、
次第にヒックとトゥースの間に友情が芽生え始める・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 23:57| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(55) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソルト

ソルト.jpg

二重スパイの疑いを懸けられたCIAのエージェントが、仲間からの追跡を
かわしつつ、逃亡を図る様を描いたアクションサスペンス。
主演は『トゥームレイダー』シリーズ、『ウォンテッド』のアンジェリーナ・
ジョリー。共演には『レポゼッション・メン』のリーヴ・シュレイバー。
監督は、『ボーン・コレクター』のフィリップ・ノイス。

CIAの優秀なエージェントであるイヴリン・ソルトは夫との幸せな日々を
満喫していた。そんなある日、CIAのもとにロシアから亡命してきたという
男を尋問することに。その男によると、ロシアのスパイが近々訪米してくる
ロシア大統領の命を狙っているということだった。そしてそのスパイの名は
イヴリン・ソルトであると男は告白する。自分の名前を言われたソルトは、
何の冗談だと思うが、他のCIA職人はソルトを容疑者として拘束しようと
する。これは何らかの罠であると考え、追い詰められたソルトは逃亡を
企てる・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 16:49| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(77) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。