2010年05月31日

ヒーローショー

ヒーローショー.jpg

『パッチギ!』の井筒和幸監督が約3年ぶりの監督生活35周年記念作品として
若手お笑いコンビのジャルジャルを主演に起用して制作した青春バイオレンス
映画。芸人として成功を夢見ながらも何事も中途半端でヒーローショーの
バイトで食いつなぐ主人公がふとしたことから暴力の連鎖に巻き込まれて
しまう顛末を描く。

お笑い芸人での成功を夢みながらも、毎日を適当に中途半端に生きている
青年ユウキ。ある日、ユウキの元相方で先輩の剛志に誘われてヒーローショー
のバイトを始める。しかしバイト仲間のノボルが剛志の彼女を寝取ってしまっ
たことで、剛志はヒーローショーの最中にノボルに殴りかかりケンカになって
しまう。怒りが収まらない剛志は知り合いのチンピラ・鬼丸兄弟にノボルを
痛めつけて欲しいと頼み込む。
鬼丸兄弟はノボルと同じくバイト仲間の勉を痛めつけ、剛志を怪我させた
慰謝料や自分達の仲介料を払うように要求する。
困ったノボルと勉は、都内で出会い系サイトの仕事をしている勉の兄・拓也に
相談する。拓也は素直に払う必要なんてない、かつて勝浦の地元で名をはせた
元自衛隊員の勇気の力を借りて報復すればいいと答える。
そしてノボルは、拓也の指示で鬼丸兄や剛志を勝浦まで連れてくることに。
しかし何故かそこにはユウキの姿が。剛志の命令で無理やり連れて来られた
のだが、勝浦に着くと、そこには勉、拓也、勇気達が待ち構えており、
鬼丸兄と剛志は半死の状態までに痛めつけられる・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 00:07| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(20) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。