2010年05月30日

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

RAILWAYS.jpg

仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の
病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に
なる姿を描いた感動ドラマ。
主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の
高島礼子、娘役は『スウィングガールズ』の本仮屋ユイカ。
共演には、奈良岡朋子、橋爪功、宮崎美子、遠藤憲一ら実力派が脇を固め、
三浦友和と山口百恵の次男・三浦貴大が本作で映画デビューを飾る。
監督は島根県出身の錦織良成。

大手家電メーカーの経営企画室室長の筒井肇は、50歳を目前に取締役への
昇進を告げられる。しかしその代わりに同期の川平が工場長を務める工場の
スムーズな閉鎖と作業員のリストラを命じられる。
何とか工場の閉鎖とリストラを完遂した頃、筒井の母親・絹代が故郷の島根で
倒れたと連絡が入り、肇と妻・由起子と娘・倖は島根へ向かう。
命の別状ないと分かった肇と由起子は翌日には戻ろうとする。
肇は仕事のために、由起子は長年の夢だったハーブショップを軌道に乗せる
ためだったが、そんな二人を倖は責める。
そんな時に川平が交通事故で死んだという連絡が入り、絹代に悪性の腫瘍が
検査で見つかってしまう。絹代の見舞いに実家に戻った肇は実家で子供の頃に
集めていた電車の切符がたくさん入ってる箱を見つける。
その切符を見つめているうちに肇は子供の頃に地元ローカル線「一畑電車」の
運転士になるという夢を思い出し、そして自分の今までの人生を振り返る。
そして肇は会社を辞め、一畑電鉄の運転士募集に応募する・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 00:05| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(36) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。