2010年05月22日

17歳の肖像

17歳の肖像.jpg

女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭
のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。
多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った
30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこなかった少女の生活が
がらりと変わり、やがて挫折を迎える姿を描く。
ヒロインには『プライドと偏見』のキャリー・マリガン。ヒロインが恋に
落ちる男性には『エスター』のピーター・サースガード。

1961年のロンドン郊外。16歳のジェニーは、ラテン語は苦手ながらも、他の
科目では好成績を残す優等生。父親はジェニーをオックスフォード大学に
進学させようと躍起であり、ジェニーも特に将来への目標もなく漠然と
オックスフォード目指して勉学する退屈な毎日を送っていた。
そんなある日、雨の中、傘を忘れたジェニーが街中で立ちすくんでいる所に
だいぶ年の離れた男性・デイヴィッドが話しかけてきた。
最初は警戒して身構えていたジェニーだが、デイヴィッドの紳士的な態度と
知的な話し方に徐々に心を許していく。
そしてデイヴィッドはジェニーの両親の信頼を掴みつつジェニーを音楽会など
に連れだしていく。そんな大人な世界を見せてくれるデイヴィッドにジェニー
はたちまち恋に落ちてしまう。
しかし恋に夢中になるあまり、勉強に身が入らなくなり、あげくに教師や校長
に勉学する納得できる理由がないと言い放って退学してしまう。

続きを読む
posted by はくじ at 23:33| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(36) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。