2010年05月18日

グリーン・ゾーン

グリーン・ゾーン.jpg

『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモン
とポール・グリーングラス監督のコンビが再びタッグを組んでおくるサスペン
スアクション。
イラク・バグダッドとその近郊を舞台に、イラクが開発した大量破壊兵器の
在りかを求めて特殊任務に就いている米軍兵士がその情報の信憑性に疑問を
抱き、大量破壊兵器の真実を求めて追及していく様をスリリングに描く。

フセイン政権が倒れ、米軍を中心とした連合軍が占拠している状態のイラクは
バグダッド。米陸軍のロイ・ミラー上級准尉は自分の部隊を率いて、フセイン
政権がどこかに隠した大量破壊兵器の所在を探し続ける特殊任務を連日就いて
いた。司令部の指示で、毎回、捜索に向かうも大量破壊兵器は全く見つからず
に空振りに終わる。
司令部から手にいれた情報源が偽ものであると疑惑を持ちつつあるミラーは、
ある日の捜索時にタレこみによってフセイン政権時の要人が会合を持つという
ことを知り、会合場所を急襲する。大物には逃げられるが、その大物と関係
ある人物の捕獲に成功する。その人物は黒い手帳をもっており、そこには
重要な手掛かりが書いてあったが、突如そこに国防総省の指示で動く特殊部隊
が、ミラー達が捕獲した重要人物を奪い去っていく。
国防総省の動きに不信を持ったミラーは、同じく国防総省の動きに不満を持つ
CIAのブラウンに近づく・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 00:09| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(77) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。