2010年04月20日

オーケストラ!

オーケストラ!.jpg

かつて名門オーケストラの天才指揮者だった劇場清掃員が、ひょんなことから
名門楽団に代わって自分が昔の楽団員をかき集めてコンサートを行おうとして
奮闘する様をユーモアたっぷりに描いた音楽ドラマ。
監督は『約束の旅路』のラデュ・ミヘイレアニュで、主演はロシアの俳優・
アレクセイ・グシュコフ。共演に『イングロリアス・バスターズ』の
メラニー・ロラン。

ロシアのボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働いている中年男性の
アンドレイ。彼はかつてこのボリショイ交響楽団の天才指揮者として世界的
に有名な人物だったが、30年前に共産党の政策でユダヤ人排斥が行われ、
楽団員に多くのユダヤ人が居て彼らを守ろうと政策に反対したために、解雇
されてしまい、その結果アルコール依存症になって落ちぶれてしまっていた。
ある日、アンドレイがボリショイ交響楽団の責任者の部屋を清掃している
時に一通のFAXが届く。そこには、パリのシャトレ座からの公演依頼だった。
そのFAXを盗み、シャトレ座からのメールを削除したアンドレイは、自分が
別の楽団員を集め、ボリショイ交響楽団になりすましてコンサートに出よう
と企む。そのために、かつての楽団員で今は救急車の運転手をしている
サーシャをはじめ、タクシー運転手、ポルノ映画のアフレコ、運送会社の
従業員などをしているかつてのメンバーを集め始める。
そしてシャトレ座との交渉にマネージャーが必要であることから、かつて
自分達を糾弾した元ボリショイ劇場支配人のガヴリーロフを説得することに。
公演の場所がパリと聞いたガヴリーロフは途端にやる気になり、シャトレ座
と交渉を開始する。公演の条件としてアンドレイ達は、演奏曲目はチャイコ
フスキーのヴァイオリン協奏曲で、ソリストにはフランスの若手スターの
アンヌ=マリー・ジャケを指名する。

続きを読む
posted by はくじ at 00:14| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(58) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。