2010年04月15日

小説『天龍八部C 行路茫々』

天龍八部4.jpg

あらすじ
聚賢荘での死闘から逃れることが出来た喬峯は、両親の死の真相を知るため
に雁門関へ向かう。が、父親が遺したという岩壁の碑は削り取られており
何て書いてあったのか分からない。自らの出生の秘密と両親の仇討のために
当時の秘密を知っている人間に事情を問い詰めるため、同じく聚賢荘から
逃れてきた阿朱とともに旅に出る。
しかし、訪れる面々に真相を話すように迫っても誰も真相を打ち明けず、
目を離したすきに何者かに殺害されてしまう。
そして白世鏡に変装した阿朱が馬夫人から、両親の仇が大理の段正淳だと
知る。両親の仇の正体を知った喬峯は、段正淳を討つために、段正淳が
いる小鏡湖へ向かう。

 続きを読む
ラベル:金庸
posted by はくじ at 00:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。