2010年04月10日

ウディ・アレンの 夢と犯罪

夢と犯罪.jpg

『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続くウディ・アレン監督の
ロンドン3部作最終章となるクライムサスペンス。
自分が置かれている状況からさらなる上の生活を夢見た兄弟が、ふとした
ことから破滅の道へと転がり落ちていく様を描く。
破滅していく兄弟をユアン・マクレガーとコリン・ファレルが演じる。

父親が経営するレストランを手伝いながら、ホテル事業への投資で事業家へ
の道を進み成功することを夢みる兄・イアンと、酒とギャンブルが好きで
恋人のケイトと一緒に暮らす家が欲しい弟・テリー。
ある日、テリーがドッグレースで大穴を当て、兄弟が共同で小型クルーザー
を購入する。そのクルーザーに兄弟は大穴を当てた犬の名前から
カサンドラズ・ドリーム号と名付ける。
その後もテリーはポーカーなどで大金を得、イアンは舞台女優と交際しつつ
投資業に本格的に手をつけようとしてるとき、イアンがポーカーで負けて
しまい9万ポンド近い借金を背負ってしまう。
困った兄弟はアメリカ・中国でビジネスで成功し、今回兄弟の母親の誕生日
を祝うためにロンドンにやってきた叔父・ハワードを頼る。
しかし、ハワードは金銭援助の代わりに、ハワードの悪事を査察団に証言
しようとしている男の殺害を条件に提示してくる。
ハワードは自分が逮捕されてしまうと、兄弟にたいして金銭援助ができなく
なってイアンの借金が返せなくなると兄弟に迫る。
背に腹は変えられる兄弟はその条件を呑んでしまう。

続きを読む
posted by はくじ at 23:57| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(25) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。