2010年04月03日

誘拐ラプソディー

誘拐ラプソディー.jpg

萩原浩の同名小説を『特命係長 只野仁』の高橋克典を主演に映画化した
クライムロードムービー。
人生どん詰まりで進退窮まった主人公がひょんなことから知り合った子供を
誘拐するが、子供の父親がヤクザであることを知り、逆に追われることに
なった様を描く。
共演は、子供の父親に哀川翔、子供の母親にYOU、主人公の行方を追う刑事を
船越英一郎が努める。

運に見放され、何をやっても上手くいかず、借金も抱えて人生どん底状態で
人生に疲れた前科者の伊達秀吉。とうとう自殺を決意するものの、失敗して
死にきれない。そんな時、伊達の車に勝手に乗り込んでいた少年・伝助を
見つける。家出したきたと言う伝助を帰れと邪険に扱う伊達だったが、
伝助の家がでかい屋敷と知り、伝助を誘拐してその身代金で人生をやりなお
そうと咄嗟に考え、伝助を誘拐することに。
伝助の家に電話をして、誘拐したことを告げ、身代金を要求し、
何とか身代金を手にした伊達だったが、強面の男達に追いかけられることに。
何が何やら分からぬまま逃げ出した伊達だったが、やがて伝助の口から、
父親がヤクザの組長であることを知る。
大いに慌てる伊達だったが、時すでに遅く、多くのヤクザたちが伊達の
行方を追いかけており、伊達は伝助とともにあてのない逃避行を始める。

続きを読む
posted by はくじ at 19:05| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(14) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。