2010年02月18日

小説『天龍八部A 王子受難』

天龍八部2.jpg

あらすじ
大理の鎮南王・段正淳に怨みを持つ万劫谷の鍾万仇と大理の皇帝に怨みを
持つ悪貫満盈によって段誉と木婉清は石室に閉じ込められる。悪貫満盈は
食事に媚薬を混ぜて、実の兄妹である二人に肉体関係を持たせて、段氏を
貶めようとする。
一方、段誉が捕まったことを知った大理の皇帝・段正明と弟・段正淳は
配下の四大護衛らを引き連れて救出に向かう。
段正明や段正淳や四大護衛らの活躍により、段誉は木婉清と肉体関係を
持つ前に救出され、大理に戻ることに。
しかし自分の素顔を見た者は殺すか夫にすると決めていた木婉清は、
夫と決めた段誉が兄と知ってショックを受け、段誉への想いを断ち切る
ために段誉の前から姿を消す。
一方、段誉は体内に溜まった毒を解毒するために段正明に連れられて
天龍寺へ赴く。しかし、天龍寺につくと吐蕃国の護国法王・鳩摩智が
天龍寺に伝わる「六脈神剣」の経文を見せろと難癖をつけてくる。
天龍寺の方丈らと段正明は「六脈神剣」を一つずつ学んで鳩摩智と
戦うものの、分が悪くなく。叔父の危機に段誉はおもわず加勢するが、
鳩摩智に捕まり、連れ去られてしまう。

 続きを読む
ラベル:金庸
posted by はくじ at 22:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。